障害認定を知ろう

後遺症も恐ろしいですが、そのさらに上をいく状態というのも存在します。前述で紹介した後遺症のうち、自賠責基準の等級にあてはまるものに関しては、後遺障害と呼ばれます。自賠責基準の定義を満たすことで、こちらに認定されると、一般的な後遺症以上に重篤であると判断され、より高い損害賠償を受けることにも繋げられます。多大な怒りを少しでも和らげるべく、こちらにも注目してみてはいかがでしょう。

目が見えない人自賠責基準は、主に第14級から第1級に分けられています。症状が軽ければ軽いほど第14級に近く、重篤なものの場合はより値が小さなものとなっていきます。例として、第1級についてご紹介しましょう。後遺障害等級1級には、両目の失明や、咀嚼・発声機能が廃するケース、四肢の半分を損失、もしくは麻痺で使えなくなるといった内容となっています。生活に著しく影響する障害となっており、充分な保証が求められるケースになっています。

第1級ともなれば、損害賠償額は第14級あたりの比ではありません。第14級では、100万円以下の保証が設定されています。とはいえ、むちうちなどの軽度な症状も該当するため、基準内の症状に関しては十分でしょう。その点第1級の例をみると、四肢麻痺・意思疎通不可能で2,600万円、遷延性意識障害で2,800万円、頭部外傷後遺症で3,000万円など、大きな保証に繋がります。交通事故に遭ったら、障害認定についてもしっかり確認しておくべきです。